August 2016 archive

食べても食べても食べ足りない!

あたしが一番娯楽、それは食べるタイミング!その次は寝ることですかね…。それほど、白木屋(上海)の食べ呑み放題をめぐってきました?!安っぽい安っぽい、セルフ198元(約3700円)ですよ。なのでお売り場のほとんどの料理食べ放題、呑み放題だもん。しかも瞬間無リミット。ってことで、常々しかたを置き辛いお刺身から、ステーキ、天ぷら、鶏肉の炭火焼き、牛タン、軟骨からあげ、茶碗蒸し、焼きそば、お茶漬け…など、食べまくりました!食べてやりました!ほっとんど1お客で収支食べました。一切まったく食べないだし…ってあたしがいっぱい摂るだけなんですけどねー(笑)さすがにどうしても胃腸にきて、平らげる頃には胃腸が再び満杯(笑)ほんとうに、おそらく想像できないぐらい満杯で、あるくのが危険でした。タクシー拾って実家まで帰ったんですけど、さすがにタクシーの中で改心しました。食べ過ぎも酷いんだな、って。けれども、ここからがこわい。タクシー降りたら既に余裕で歩けるようになってたんです。単に20当たりですよ。そうしてそうして、家に帰って顔洗ったり何だのして寝ようと思った時…。ぐー、という胴が!!!え、胃腸減ってきた!?自分でもびっくりですよ。危うい、さすがに危うい、デブる?。もおいしい物質潤沢食べられてはたして果報でした。恋愛したい、恋したい30代は必見のサイト

家お気に入り教え子の家のススメ

生徒の私の務めは、家屋を見て回ることです。
だいぶ変わっている務めですが、これが何とも興味深いのですよ。
たとえば、表札ひとつを取っても、漢字で格好よく書いてある家庭、ローマ字でくずして書いてある家庭、文字が飛び出している家庭…様々な表札があります。
建っている家庭のからくりも見てみると、それぞれ変わっていて、相当興味深いですし、勉強になります。
といっても、あたいは建築学を専攻やるわけではありません。
年季学科ですし、やる事は国外の事です。
ですが、道楽としては自分のいる地域の家屋を見て回るのがおかしいのです。やはり、自分の専攻です国外の家屋も好きなのですが、他国は簡単に行けませんし、今は、等で我慢している。
日本の古めかしい家庭は、素晴らしいです。
私の田舎は、きちんと地元の人物は指しませんが、徳川現代前には城下町としてなんとも栄えた街角でした。最も一国一城令により、城は壊されてしまったのですが。
ただし、今でも城跡はありまして、私の週末の散策通路は、その周辺を散策する実態としている。
古くさい家庭が多いのですよね。駅前で栄えている街角が近くにありますが、それをさっと離れるという、まるっきり別の時代に来たような気分になります。
想像してください。木造ではない新築の家庭が建ち並ぶ、ビル町。そこを少し去ると、タイムスリップをしたように、人通りが少なくなるのです。
皆さんも、とにかく、いる場所の周囲を、急がずに歩いて巡るといった、面白いことがあるかも知れませんよ。ぬきすとの攻略サイトはこちらです

実直症ではないがオーバーホールが好み

最初に書きますが我々は潔癖症ではありません。但し清掃が大好きだ。我々が清掃が好きな理由は2つあります。
一つ目は物をしばしばぶち壊すからです。無くした物を見いだすという手順は非常に面倒が生じ、圧力にもなります。後なんと言っても面倒くさいです。それほど、我々は面倒くさい事が大嫌いなのです。通常、使った物を元に戻すという仕業を通じていればなくし物をしません。落とし物をして見いだすという面倒くさく、圧力が掛かる仕業をしなくて済みます。わずらわしいさと圧力がかからないは、非常にさわやかことです。使った物を元に戻すついでに、戻したものの周辺をコロコロで軽く清掃すれば、尚、有難くなれます。
次は、清掃が終わったあとの喜びが気持ち良いからです。掃除するパーツや製品が汚ければ悪賢いほど燃えます。時間をかけて、隅々まで綺麗にします。終わった後の喜びを次々感ずるために一所懸命掃除します。断然モデルの洗車は胴トータルがすべすべにきらめくまでやります。清掃をしているとそれとなく良い人になった盛り上がりにもなります。本当に清掃が終わると感動します。さんざん汚かったルームやモデルが綺麗になった。整然としていてだいぶ心地よいだ。清掃は結果が目に見えるからこそ良いんです。
清掃が終わった喜びを感じているときの自分が最良大好きです。
限りが我々が潔癖症ではないけれど清掃が好きな動機でした。せふれ好きならこのサイトを見るべき